ANNAism

大阪・日本橋・派遣型SMクラブFetishi-SM在籍 美脚女王様-アンナ-

非現実な世界を一緒に楽しみましょう。

羞恥や苦痛の中で、悦ぶ貴方の瞳を見るのが楽しくて仕方ないの。
何を以て悦び、喘ぎ、咽び泣くのか……

貴方の甘く、弱い所を見付けてあげましょう。

普段は誰にも見せられない自分を、存分に解放しにいらっしゃい。
何処まで堕ちていけるのか、楽しみにしているわ。

http://fetishi-sm.com/profile.php?id=90

IMG_9159

今日は椿女王様に取り計らっていただきダブルで低周波実験をしてきました♪

Hちゃんは言葉責めが余り好きではないタイプと聞いていたので自然体に、と心掛けていたのだけれど
お仕事モードの私は普段とは少し違うのかもしれないから【普通】というのが意識すると如何に難しいかというのが分かった一件でした。

中には同じ様な子も居るんじゃないかしら?
そんな時は是非とも理由を教えてね。貴方を知る一環として、嫌いな物も知っておく事はとても大切だと思うから。

プレイ内容は主題の通り低周波♪
Hちゃんはラバーが好きとの事でラバーのキャットスーツを着込み

IMG_9146

黒くて少し見難いかと思うけれど
玉袋にもラバー製の装着具を着けて低周波を当てられる様にしているの。
そこに電極を繋いで、ペニスにはブジーを挿れて更に電極を繋ぐ。
女の私には無い急所の痛みだから、何処まで耐えられる物なのか実験してみないと分からないじゃない?
という訳で!早速実験開始♪

IMG_9148

まずは椿女王様がお手本に、基本のモードと強弱の付け方を教えて下さり
ひとまずブジーの入ったペニスから責めていく事に。

IMG_9166

ただのマッサージ機のリモコンを弄るだけで悲鳴をあげるHちゃん。
実の所悲鳴を聞くとニヤッとしてしまう私。何の悲鳴か分かっていなければ勿論110番するけれど、椿女王様のお尻の下でふごふごと暴れる様についつい笑ってしまう椿女王様と私。
『どうして叫んでいると私達は笑ってしまうんだろうね?』
なんて椿女王様が当たり前の事を態と仰るので、ただただその話術に尊敬の一念。
私達が笑ってしまう理由なんて、マゾが一番解っているでしょう?

IMG_9159

選手交代で私が顔に座ると中々どうしてフィットするのか息も出来ずに苦しむHちゃん☆
いいお尻でしょ?自慢のボリュームなの♪

あと忘れてはいけない、特製口枷で呼吸管理されるHちゃん。

IMG_9165

この口枷、中はペニス型のバルーンになっており、ポンプを押すと膨らむ上に
管の先にある漏斗から液体を流し込む事が出来る代物なのだ。
直接水を流し込むも良し。唾液や聖水なんかも強制的に与える事が出来るので、これはいつか手に入れようと密かに誓った逸品である。

そんな口枷を付けられ、鼻と漏斗を塞がれたり水を飲まされたりと呼吸か管理されるHちゃん。漏斗から苦しそうな声と息が漏れ出て中々に私の嗜虐心を煽ってくれる。

呼吸のタイミングを間違えれば水がゴボゴボなるので上手く見計らって流さないといけないのだが、如何せん尿道や玉袋への責めは終わっておらず、呼吸が整わない中で水を飲ませていたので一度は失敗したものの、何とか飲ませ切る事に成功♪

休憩を挟んで合間に嗜好について訊ねたりと、私の人生よりも長い年月SMをしてきた先輩に話を聞けて
あっという間の60分でした^_^

Hちゃん、Hりん?どっちが良いかしら?とにかくありがとうね!拘りのあるマゾはやっぱり話をしてもプレイをしても楽しい^_^
吊りについても今度詳しく聞かせて頂戴ね☆
椿女王様、いつも色々な事を教えて下さり経験させて下さってありがとうございます^_^

女王様はマゾ達によって女王様として在る事が出来る、というのを胸に今後とも頑張っていくから宜しくね!


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
大阪 SMクラブ Fetishi-SM

c3198cb8.jpg


『プライベートではどちらなんですか?』と聞かれる事が多い。女王様なら恐らく99%聞かれている質問であろう一つ。

それを聞かれると何故知りたいの?と思ってしまう。
聞かれる事が嫌だとかではないの。ただ、疑問で。
正直、私自身あやふやよ。
別に責められて感じる事も無いし、寧ろ不快。したいとも思わない。
こうしてマゾ達と戯れているだけで充分に満たされている節はある。
ただ根底に【この手で】相手を悦ばせ、満たし、支配したい
という欲求があるので、それをSなのかMなのか感じ取るのは人各々だと思う。
そもそもSMを分断する必要なんてないのではないかとも思う。
奴隷は主人の為に、主人は奴隷の為に【お互いに心を配り合う】事が大切なのだと私は思うの。
そこが欠けている様な子とは、例え私がマゾでもサドでも相手にしたいとは一生思わないわね。
加虐嗜好と奉仕精神は生まれ持った物だから、両立している以上他人にとやかく言われる筋合いも無いし、蔑まれる覚えもない。
私は今こうして【アンナ女王】として在る。
それだけで充分じゃないかしら?

まぁ、特に世間話として聞かれる分には全く構わないのよ。血液型聞かれてると同じ様な物だから。
ただ、私はプレイ前後の短い時間でこうして話せないから記事に書き連ねた。ただそれだけ。
私を識る一環として読んでもらえたのなら僥倖、って所かしらね。
そんな覚書。

写真は私の好物の塊肉ステーキよ♪
特に意味は無いわ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
大阪 SMクラブ Fetishi-SM

b78101fc.jpg


アナルローズを鑑賞しながら悪ガキ生徒にお仕置き☆
淫乱な乳首をスパンキングラケットの柔らかい面で撫でさすって、抵抗したら容赦無いスパンキングの応酬!
カンニングと先生のお尻を勝手に揉んだ罪はそれくらいじゃ償えないわよ?
こんな悪い子はマトモな仕事に就けないだろうから、女王様のお尻の匂いを消臭するくらいしか能が無さそう。先生が職業体験させてあげる。
我慢を覚えさせる為に電マを当て続けたら勝手に射精するし、なんて悪い子なのかしら?!
特別補講が必要みたいね。





そんなプレイだったのだけれど、途中でブログに載せて下さいなんて言うから生徒Aは何処に行っちゃったの?って笑っちゃったわ。
A、ありがとうね。でも脚を痛めてるなら最初に言いなさい、最後に言われたから何かやらかしたかと吃驚したじゃない!^_^;
脚はよくマッサージしておく事!早く治しなさいね。

今宵はやみなべ。私は2時か3時くらいにお邪魔する予定なので宜しくね♪
私は顔と名前を一致させて覚えるのが苦手だから、もし会ったら自己紹介してくれると嬉しいわ^_^
プレイ内容まで言えたら完璧よ☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
大阪 SMクラブ Fetishi-SM

ef7bad67.jpg

先日負傷した時のプレイ内容が中々に新鮮だったのでブログとしても上げてみるわね^_^


といってもプレイ写真はグローブを着けていたから撮れなかったのだけれど、イメージしてみて頂戴?

私は普段から余り乱暴な口調は使わない様に気を付けて生きてきたのだけれど、そんな中でこのセッションは【ヤンキー口調】を使うという試みをした。
あくまで希望でね。自分からはしないわ^_^
ただそんなに荒っぽい口調なんて慣れてない上に、私と会った事がある子は知っているかもしれないけれど私はとても大阪弁が下手くそなの。
正真正銘大阪生まれ大阪育ちよ?
そんな私が知っているヤンキー口調といったら、学生時代の友人や小説、漫画やドラマなんかの知識でしかない訳で。
結果として出来上がったのは、ちょっと硬派な熱血ボクシング部の顧問みたいなお喋り口調。
後から思い返して亀○選手みたいだったとちょっと笑っちゃったわ。

そんな口調で目の前の対戦相手にひたすらジャブを打ちまくるんだけれど、これがまたガードの固い……いえ、ダンゴムシの様なガードだからやり辛い、の方が正しいわね。
部屋の隅で中腰で丸まって、顔面に入れようにも入らないの!
ついムキになって脇腹にフックを連打。

『そんな甘っちょろいガードで守れるか!掛かってこんかい!』
……完全にヤンキーというよりちょっと昔の不良漫画よね。もう少し勉強しておくわ。

そんな挑発を入れつつ隙を見せた所でマゾが殴り掛かってきたらカウンター。
そんな繰り返しで見事に勝利した私は弱者を更に痛ぶりにかかったわ。
頭部をガードするマスクも吹き飛んで床に倒れ込んだマゾを踏み付けカウントダウン。
倒れ伏したままのマゾのパンツを徐に脱がせて粗チンを弄び、ボコボコにされて肉体的にも精神的にも敗北したマゾはされるがままに射精して完全屈服してしまう。

そんな濃い内容の30分でした☆

そして手首を痛めてしまうんだけれど、ヤンキー口調と暴行プレイに関して考える機会が出来たからとても良い経験になったと思うわ。
ありがとう!

それと、ヤンキー口調や関西弁を希望する子達は私が相当下手くそである事を了承した上で希望して頂戴ね。
やるからには頑張るけどね!
次こそは上手く話せると良いんだけれど(´ω`)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
大阪 SMクラブ Fetishi-SM

このページのトップヘ