ANNAism

大阪・日本橋・派遣型SMクラブFetishi-SM在籍 美脚女王様-アンナ-

2018年03月

IMG_9291

剃毛、踏み付け、聖水便器
姿勢を変えればペニバンだって挿れられちゃう優れ物☆

とあるオススメホテルの302.402号室にあるそうなので興味のある子は入室してみて^_^

昂まると笑ってしまう可愛いマゾ
ついつい歪んだその笑顔が見たくて虐めたくなってしまう。


IMG_9293

玉袋には洗濯ばさみを^_^
勃起する度に生き物みたいに洗濯ばさみも動いて面白いの。
顔には私のブーツごと梱包。
たっぷりと匂いを嗅がせてあげる♪

IMG_9294

自分から熱いのを欲しがるなんて、いやらしい子。
マゾ汁を垂れ流すペニスにも、たっぷりと掛けて蓋をしないとね。
敏感過ぎる最低なマゾ乳首も、もっと感じる変態乳首にしないと。
熱いロウはお口にも。唾液と交互に垂らされたら、唯の唾液すらも熱く感じてしまう事でしょう。

毛を剃られて恥ずかしいケツマンコも丸見え。
そんな所にまでロウが垂れて、ひくひくと動いているのがよーく見える。

そこは後で、たっぷりと犯してあげましょうね♪

首に手を置かれ、脳に酸素が行き届かなくなる毎に瞳を潤ませ悦び喘ぐお前。
犯されながら自慰に耽り、罵られながら無様に果てる姿は何とも醜く愛らしい。
精々、肉オナホとして使ってあげるから感謝する事ね。







久々に拘束台のあるお部屋に来れてとても嬉しかったわ(*´∀`*)
広いお部屋でのプレイは解放感があって楽しい♪ありがとうね^_^

いつも写真を撮り損ねてしまうから、今回は沢山撮れて良かった(^^;)
先輩女王様方に檻のあるホテルや吊り床のあるホテルなど、様々なお話を聞く度に特殊なお部屋でのプレイもしてみたいと思う今日この頃。
雰囲気が変わるとマゾ達の入り込み具合も違って来るんじゃないかしら?
照明一つとってもかなり心持ちは変わってくるものね。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
大阪 SMクラブ Fetishi-SM

【屁奴(へど)】という生き物がいる。

これはとあるマゾHが独自に想像し、産み出した妄想の生き物で
少々特殊な設定なので、多少掻い摘んで記載しておいた。
興味のある子は最後に見ておくとより世界観を味わえる事でしょう。

かなりの長文になるので、プレイ内容のみ太字表記します。
プレイ内容のみ読みたい子は読み飛ばして貰って結構よ。

そもそもこの屁奴Hは何故この様な生き物を産み出したのか、それを聞く限りの話と解釈を織り交ぜて話していきたいと思う。

屁奴Hは、幼少の頃より人に虐げられる事を望んでいた。
【女として女に虐げられたい】
魔術か何かで変われる物なら、女になって女だけの職場で虐められたい。
女特有の陰湿かつ狡猾なイジメをこの身で体感したい。
そんな性的嗜好を持つ男だった。

時には自らを可笑しいと責め、滝に打たれたり般若心経を唱えたり修行も行う程にその嗜好は自身を苦しめた。

いじめの現場に遭遇し、その凄惨さに恐怖した事もあったが、それでも尚憧れは薄れる事が無かったという。

然し、屁奴Hが女性になる事は叶わない。
それでも女として、女に虐げられたい。

そこで屁奴Hは、この生き物を脳内で産み出し
己はこの生き物であり、女性に虐げられるべく産まれた物なのだと思う様になったという。

簡単に説明すると、屁奴は女が虐める為の【物】で、そこに人権は無い。
礼儀、忠誠心も必要なく、恐怖で支配されるべき存在。
何をしても問題は無い。虫ケラ以下のゴミで、それに尿を掛けたりするのは呼吸と同じ位に当然の行為。屁奴の前で慎みを持つ女性は一人として存在しない。
というモノである。

こういった設定集や漫画などを小一時間かけて説明し、屁奴Hはいかにこの生き物について深く熱く考えているのか教えてくれた。
此処までされたら私もその熱意に応えないといけないじゃない?
慣れない性格の女をやり切ってきたわよ!

最初に言っておくと、それなりに手加減もしたし過激に表現しているだけの所もあるからね。
実際のプレイとは時系列もズレているけれど、そこは読み物として割り切って頂戴。


収容所に連れてこられた新入りの屁奴。
これから女達に代わる代わる躾けられ、恐怖によって支配されていく事となる。
私の元に現れた屁奴は最初から酷く怯えており
泣きそうな顔が気に食わないので先ず腹に蹴りを入れる。

這いつくばった屁奴の体勢が気に入らなくて四つん這いになるまで脚や腕、腹に蹴りを入れる。
女が嫌いな屁奴に声を掛けるのも煩わしい。
耳を引っ張り上を向かせて顔を殴る。
こんな奴が今まで人のフリをしてのうのうと生きてきたなんて、許せない。
平手だけじゃ気が済まないので髪を鷲掴みにして拳を入れる。

尿を引っ掛けたのに処理もせずにボーッとしているグズな屁奴を踏み付け、掃除を命じた。
屁奴が動くから尿が脚にまで掛かったので綺麗にさせる。
リードを引っ張り床に張り倒して蹴りを入れ、恩情で生かされている事、いつでも殺処分出来る事を体に教え込まないといけない。
屁奴にはそれが当たり前の事で、疑問を持つ事自体が可笑しいのだ。

この屁奴を躾ける順番が来た時、私は苛々していた。だから殴る。蹴る。吸っていた煙草を押し当てる。
陰毛も切って不揃いにしてやったし、汚い顔が気に入らないので水を掛けたり沈めたり
便器を舐めさせて綺麗にもさせた。
ムカつく女の顔を想像しながらケツマンコに歯ブラシを刺したりフリスクを無理やり詰めたり
便所ブラシが無かったので仕方なく別のブラシを使って口の中を掃除したり、玄関先の床掃除やストレス発散にひたすら殴りまくった。
このいじめに特に理由はない。強いて言うのならこれが屁奴だからだ。
隅に追いやられて怯える屁奴に唾を吐き掛けながら涙目の屁奴の顔を叩く。殴る。
腫れ上がった顔が気に入らないので更に殴る。蹴る。

ふと浴槽に目が止まった。

そういえば、この屁奴は長く人に擬態していたらしい。
風呂場でも責務も果たさず温かい湯に浸り疲れを癒していたのだろう。
怒りに満ちた私は浴槽に熱い湯を張り、こう言い放った。

「お前、ずっと人のフリをしていたんだってね。なら人間らしく風呂にいれてあげるわ。ほら、入れよ!」

怯えながらも逆らう事の出来ない屁奴はボロボロの体を引き摺って湯船に浸かる。
熱い熱いと泣き喚きながらも一睨みしたら黙り込んだので浴槽の縁に立ち、甘い声で優しく

「ほら、入浴剤も入れないとね」

と、おもむろに顔に黄金をぶちまけて、顔にも塗りたくった。
湯船に落ちた物は全て食べ切れと命じ、私はその場を去った。
惨めな屁奴は啜り泣きながらこれからの生に何を思うのかなど、私の知る所ではないのだから。​



こういうリンチ系はあまりリクエストされないので、とても新鮮な気持ちで臨めたの。
色々あって態々愛知から来てくれた屁奴H。
その色々のお陰でこうして面白いセッションが出来て私はとても嬉しかったわ。ありがとう☆

何でも本気でやらないと面白くないので、ついついやり過ぎてしまう事もある私だけれど、それすらも一緒に世界に入り込めていけると感じてくれたら嬉しいなとも思ったり。

この世界には様々な変態が居るけれど、そんな変態達がこうして(人に迷惑を掛けない程度に)オープンになって
人として蔑んだりする事なく(それすらも嬉しい子も居るだろうけれど)
楽しく過ごせたら素敵よね(*´∀`*)

そんな濃いプレイでした♪

因みに屁奴Hはこの設定に関して共有し、是非とも使って欲しいという事なので
特に許可も必要無いみたいよ。

IMG_9241

【設定】
屁奴とは昔から女の便器で、人間の形をしているが「物」なので、死ぬとゴミ処理される。

老若男女様々な姿をしており、一般社会で女に悟られないように人のフリをして生きている。
然し、屁奴を見分ける事の出来る一部のプロの女が存在しており、擬態した屁奴を常に探し回っている。
屁奴は女が四六時中屁をかますことから屁奴と呼ばれ
捕まったら最後、女の虐待から免れる事はない。

屁奴は見つかると独特のフェロモンを放出する。
このフェロモンは男が嗅ぐと堪らず逃げ出してしまう性質を持つ為、屁奴の傍には男が居ない。
これは女の屁奴いじめを男に見られない様に出来ている為。
屁奴は女が嫌いだが、女に逆らえない遺伝子を持っている。

女にとって
【屁奴は女が痛めつけるもの】であり
【屁奴は女の便器であり、性処理の道具であり女に管理され使用されるもの】
という考えが当たり前になっている。

屁奴には礼儀作法も忠誠心も必要ない。
屁奴はリンチで痛めつけられ、女の本当の怖さを身を以てぶつけられるので
恐怖により支配されながらいじめ、奉仕、便器を繰り返される。





続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
大阪 SMクラブ Fetishi-SM

IMG_9186


よくよく暴れる悪い子ちゃんは、ぐるぐる巻きにして芋虫にしてしまうわよ?

マミフィケーションはする人によりかなり違いが生じるプレイである。

私は跡は残ったら困るけれど拘束されたい子や亀頭を責めて欲しい子、乳首を責めて欲しい子によくするのだけれど
やった事のないは全員受けてみて欲しいと思うくらい、お気に入りのプレイだったりする。

薄いフィルムが全身を覆い、少しずつ少しずつ動けなくなっていき
ほんの僅かな隔たりなのに、少しも相手に触れる事は出来なくなってしまうもどかしさ。
膜越しに伝わる体温、息遣い、眼差し
身を委ねざる得なくなった芋虫は何を想うのでしょうね?

口だけ開けさせて強制便器にするのも楽しいのよね。
逃れられず、目も塞がれた儘に流し込まれる物は受け入れざる得なくなって
口を塞がれ呼吸も出来ない責め苦
頭の中を掻き乱す芳潤な香り
時には目を開けさせるのも良いでしょう。
柔らかい脚やお尻に包まれる幸せも味わえるなんて、便器に産まれてきて良かったじゃない!


IMG_9076

鼻だけ開けて匂いを嗅がせるのも素敵。
ブーツやヒールの匂いだけをたっぷりと。
その間に乳首で遊ぶとくぐもった喘ぎ声が聞こえてきて面白いの。

フィルム越しても感じちゃって、なんていやらしい乳首なのかしら。
そこだけフィルムを切り取って直接触ってやるとそれだけでペニスはもう張り詰めて、フィルム越しでも分かるくらいに熱を持っている。

IMG_9074

そして時にはストッキングを顔に被せて
呼吸穴で遊び心も忘れずに♪
口の中に濃い匂いの爪先部分を詰め込んで
唾液や聖水を浸してあげるのもまた一興。
どうして笑われているかも分かっていないお前もまた情けなくて愛おしいの。

玩具を付けっ放しにして、そのまま一晩放置なんかもしてみたい。
私が戻って来た時に、一体お前はどんな顔を見せてくれるのか。
泣いてたりなんてしたら、堪らないわね。

もぞもぞと腰を動かしたり抵抗してもゴミの様に転がされ、時には縄で拘束された上に梱包され
いつか廃棄されるその日まで、私がたくさん遊んであげる。
私はこの腕でお前を抱く事はないけれど、こうして別の腕としてお前も包むのは良い気分なのだ。







元々椿女王様にコツを教わって始めたマミフィケーション。
巻き方や加減は勉強中ながらも、時々マゾからこんなの初めて!との声も貰える様になり少しずつ自信をつけてきたプレイの一つなの。
もっとたくさんの芋虫ちゃんを作って、拘束は手錠や縄だけじゃないという事を広めていけたら良いなぁと思っていたり(*´∀`*)
興味のある子は是非言って頂戴ね。マミー希望と伝えてくれると尚良し☆

この芋虫ちゃんは麗子女王様の芋虫ちゃん。
やめてくれーって言いながら感じる姿はとても可愛かったわよ♪
楽しいひと時をありがとう(*´∀`*)
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
大阪 SMクラブ Fetishi-SM

IMG_7678


最近、私の林檎携帯が悲鳴をあげており中々どうして動こうとしないので
そろそろ替え時かな?と新機種を吟味しているのだけれど
最新機種の性能に纏わる面白かった話を思い出したので記事に纏めてみました( *´艸`)

それはある黄金プレイをしている日だったのだけれど、その便器ちゃんは自分の姿を写真に納めて欲しいと言ってきたの。

でも私達はお風呂場に居て、便器ちゃんの体は黄金まみれだったから代わりに私はその子の携帯を取りに行ってあげたのだけど
あんまり見た事のない携帯だからカメラを起動させる方法が分からなくて、その子に携帯を渡したのね。

そうしたら何故か携帯を振り始めるから、何だろう?ってじーっと見てたんだけれど
その内ハッとその携帯が林檎10って事に気が付いたの。

そう、その子は黄金まみれの顔になりながら顔認証しようとしていたの!(´∇`)笑

(え、出来るの?その顔で?林檎は主人を主人と認めてくれるの?)

笑いを噛み殺してそのまま林檎と黄金の戦いを見守っていたのだけれど
結果はどうなったと思う?

何と、時間は掛かりながらも顔認証に成功したの!
林檎はちゃんと主人を主人と認識出来たみたい。文明の勝利ね♪

まさかこんな熱い戦いを目の当たりに出来るなんて思っていなくて、SM、黄金プレイって本当に面白い事に出逢えるのね、としみじみ思った出来事でした☆

あの時のお前はきっとそんな事を考えているなんて思ってなかったんでしょうけれど……笑
面白い経験をさせてくれてありがとうね!

まぁ、そんなに優秀な林檎10であったとしても、私は今後それに変える事は無いかな(*´∀`*)
林檎との主従関係を試してみたい子は林檎10を持っていらっしゃいね☆

写真は本文に関係ないけれど、顔面騎乗中の私^_^
こうやって直接黄金を与えるのもいいわよね♪

お尻の柔らかさと温かさに包まれながら、でも息をする事は赦されず
無理やり口の中に黄金を押し込まれ、飲み込む他ないなんて
とっても素敵な事でしょう?

私の所有物だもの、少しくらい意地悪したくなるじゃない☆


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
大阪 SMクラブ Fetishi-SM

このページのトップヘ