IMG_8376
IMG_8057
IMG_8126


突然だけれど、私には相手に水を掛けたり生卵をぶつけたい欲求がある。

それは元々、相手に怒りを感じた時に起こっていた衝動が素なのだけれど
最近それが興味本位として湧き上がる事があるのだ。

【こんな事をしたら、この子は一体どんな反応を見せてくれるのだろう?】

それは一般的に【酷い】と言われる行為
本来、食べ物をそんな風に粗末に扱うなんて【してはいけない】行為で
ましてやそんな事で快感を覚えるなんて【普通であれば有り得ない】のだろう

ただ、私は知ってしまったのだ。
それを【快い】と感じる者も居る事を。

私は体液を相手に掛けたり飲ませたり食べさせたりが好きだ。
それを悦ぶ様を見ると尚の事興奮するし、嫌がる顔や声すら愛おしく思う。

『この子はどんな事をしたら悦んで、どんな事をしたらなくのだろうか?』

プレイ中に、この意の言葉を聞かされた子は少なくないと思う。
私は単純に、目の前のお前を知りたいのだ。
私が与え得る物にどんな感情を抱いて、体を反応させるのかを。
それがどんな【酷い事】であったとしても、それを受け容れるのかどうか。

それを拒絶するのなら、別に私はしたいと思わない。怒っている時は別だけれど。
それをその内受け容れられる様に仕向けていくのは私次第でもあり、お前との関係次第だから
焦る必要は無いのだ。

小学生の好きな子を苛める気持ちと似ているのかな?とも思ったけれど、それは少し違っていて
気を引きたいのではなく、確かめたいのだ。
まぁ、勿論好奇心が強い事も大きいのだけれど。

世の中には私の知らない【快い事】が沢山あって
それを知る機会が得られる今の環境に心から感謝している。
辞書が愛読書だった少女がこうして一人の女王としてマゾやフェチ男性を相手に楽しんでいるなんて、誰が想像しただろう。

これからも終わりが無い世界で、どうなっていくかも分からないままでも
今を楽しみながら、少しずつ進んでいけたらと思う。



なんて、少し堅苦しく書いてみたけれどどうだったかしら?(´ー`)

簡潔に述べると
『これからも楽しくSMしましょうね♪』
って事よ^_^

写真はラクガキ、メッシー、フードクラッシュ☆
それぞれ日常では有り得ない事で、それを楽しんでくれるお前達がとても可愛くて嬉しくなったから
プレイブログでは無いけれど記事にしてみました(*´∀`*)
読んでくれていたら嬉しいな。
楽しい時間をありがとうね♪


続きを読む