ANNAism

大阪・日本橋・派遣型SMクラブFetishi-SM在籍 美脚女王様-アンナ-

タグ:拘束プレイ

バキューム◯◯◯というオプションを見て、何だこれ?と思った事のある子は居るだろうか。

簡単に言うと
バキュームバックは袋
バキュームベッドは真空パック
である。


IMG_3280
IMG_3281



バキュームバッククリアは布団圧縮袋で、黒は(現在お店には置いていないが)ラバー製の袋である。
ポゼッションプレイやストーリープレイを好む子が多い傾向にあると私は感じた。



IMG_2942



バキュームベッドは種類にもよるが、店に置いてある分は口の部分に穴がある人体が入れるサイズのラバー製の袋に空気孔の開いた骨組みを入れた物である。
ラバーフェチ、呼吸管理、拘束フェチ、羞恥責め好きが憧れていると言う事が多いと感じる。

他にも性器部分が開いている物や、完全に呼吸穴すら閉じている物、骨組みが立方体で頭を出す事の出来るボックスタイプの物など様々あるが、今回はお店にある物で話をしていこう。



いずれも掃除機などで空気を抜き、簡易的な真空状態を作り拘束。

その上で擽りやフェザータッチ

IMG_2946


電マ責め、呼吸管理から圧迫など


IMG_2943
IMG_2947


多種多様な責めを行うのが殆どで
更には縄などで拘束した上で中に入れられ、二重で拘束感を味わう事も可能だ。


バキュームベッドに関してだが
感覚的に苦しい、というよりも包み込まれるといった表現の方が近しい様に思う。

音や圧迫感、見えない恐怖に叫ぶ者も居るが、呼吸管理や顔面騎乗を希望しない限りは死の恐怖に苛まれる事は無いだろう。

個人的に過去鼻を折られた事があったので鼻が圧迫される感覚が少し苦手なので、顔面骨折の経験があると嫌悪感があるかもはしれない笑

私はマゾの視点からは話す事が出来ないので、あくまでも所感であるが
食べられたい、丸呑みされたいなどの妄想をする子にも良いかもしれない、とも感じた。
というよりも一度入ってみてそういった言葉責めをした上でその世界観に入り込めるかを試してみたい欲がある。

口内で噛み砕かれる恐怖と痛みを味わい、狭く苦しい食道を通り、胃に至り溶かされるまでの感覚を擬似体験するには良いのではないだろうか?


バキュームバッククリア(布団圧縮袋)に関しては
拷問、という表現が近いかと思う。
呼吸の自由は完全に奪われ、肺の中の空気まで奪われる事もある。

血中の酸素が欠乏するので加減しなければ最悪の事態にもなり得るので、そこは信頼出来る方へお願いした方が良いだろう。
下手に首を絞められるよりも危険な様に思う。

極限まで追い込まれる感覚を味わいたい方は良いかもしれないが、安易に行わないで下さい。
自己責任で自身で行う分に私が止める事は無いけれど、パートナーへ加減もせずに行ったりは絶対にしないで下さい。
死なずとも脳へのダメージは少なからず有ります。

店舗には無いが、ラバーバキュームバックに関しては
ゴム製のゴミ袋に入れられる、が一番想像しやすいだろう。
あくまでも個人的な意見として
その上から縄で拘束されるのが最も楽しいかとは思うが、ラバーの質感を味わうにも拘束感を味わうにも今ひとつ物足りない気はする。



こういった点を含め、己の求めているプレイに当て嵌まりそうな物を選んだ上で臨んでみると良いのではないだろうか。
勿論、自身では判断が難しい場合は女王様メールなどで相談してみるのも良いだろう。
その場合は具体的にどういった事をされたいのか伝える事を勧める。
(どんな事をされるんですか?と聞かれる事が多いが、当店の女王様は基本的にカウンセリングを行った上で希望プレイに基づいてプレイするので、そう怯えないで頂きたいです笑)


バキュームベッドはリピート率が高い。にも関わらず置いてあるお店が少ない。
わざわざ東京から此方のお店へ足を運ぶ人も居るというのに。
第一に作れる職人さんが少ないのも問題の一つなのかもしれない。
ただ、何よりも知名度が低い事が原因だと私は考える。
ラバーというのは扱いが大変である。使用後のお手入れは勿論、保管にも気を遣わないといけない。
だからこそ愛を感じ、執着し崇拝する人も居るのだろう。
私も少しずつ、SMのみならず道具に至るまでの愛着を語っていければと思う。









アンナイメージ動画
https://www.cityheaven.net/osaka/A2702/A270202/fetishi_sm/girlid-17500190/movie/?of=y

 

アンナ・フェティシズム出勤スケジュール(HP)
http://fetishi-sm.com/profile.php?id=90

アンナ・フェティシズム出勤スケジュール(スマホ)
http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=90

アンナ専用衣装(専用ボンテージ)

アンナ専用所有道具
http://annaism.officialblog.jp/archives/cat_83998.html
 
ショートブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
大阪 SMクラブ Fetishi-SM

最低の一日だ。

会社でお局に面倒な仕事を押し付けられ、上司にセクハラ紛いの発言をされて、私の機嫌は絶不調に傾いていた。

片手にはコンビニの袋。今日は奴隷に餌を与えに行かなければならない日だからとお粥を用意したのだが、部屋に向かう事すら億劫だ。
ただ餓死されては始末が悪いので、私はのろのろと脚を運ぶ。
奴隷部屋への道すがら、趣味であげているこの奴隷とのプレイブログをなんとなしに眺めていると、あるコメントが目に付いた。

『この奴隷の苦しんでいる姿を動画で見たい』

これだ、と思った。
この奴隷の惨めで哀れな姿を全世界に配信してやろう。

早速部屋の扉を開けると風呂場から物音が響いた。其処に居るように命じていたからなのだが、今日ばかりは出迎えがない事に無性に腹が立ったので乱暴に足音を立てながら風呂場に向かう。

「どうして出迎えがないのかしら?」

私がそう命じたから……と小さくなって怯えながら返事する奴隷を問答無用で叱りつけ、餌を与えられずふらふらと立ち上がる奴隷の髪を引っ掴んで外へ連れ出した。

この奴隷はある日街中で見つけた人間のフリをしていた男で、私に内に秘めた被虐心を見抜かれて以来、この部屋の中で飼育されている。

挨拶も早々に切り上げ、磔台に上がらせると乳首に付けていた乳首の飾りのネジを締め上げる。
厭らしいマゾの臭いがプンプンするTバックを履かせ、全頭マスクを被せ視界を奪い、いつ何処から訪れるか分からない責め苦に震え上がる奴隷の乳首を虐めては部屋中に響く絶叫に私の心は満たされていった。

でも、まだ足りない。

四つん這いにした途端、飾りを落とした奴隷が声を震わせながら申告してきた。態と弛めにしておいたのは私だが、落として良いとは一言も言っていない。これはお仕置きしないといけないわよね?


IMG_3400



仰向けに寝かせ磔台に四肢を繋ぐと、飾りを更にキツく締め上げ
鞄からあるコントローラーを取り出した。
コントローラーから伸びる線を乳首に繋ぎ電源を入れる。すると体を跳ね上がらせ奴隷は叫び始めた。
下腹部にもパッドを貼り付け、容赦なくスイッチを入れる。



IMG_3389


電流というのは筋肉に作用するので、少々の慣れはあっても抗う事は出来ない。自制の効かぬ体に作り替えられ弄ばれながら痛みに叫ぶ奴隷は今までで一番可愛らしく思えた。



IMG_3312



これで少しは乳首も膨らんだ?と飾りを外して確かめる。母乳の様な汁を垂らしながら痛みに喘ぐ奴隷の乳首を根元からぐりぐりと捏ねくり回し、どうやってもっと辱めてやろうかと逡巡すると
ふとある物が目に留まった。

このクリップは使えるわね。




IMG_3315



乳首にクリップを取り付け電流を流すとあんまり叫ぶ物だから、口を塞いで呼吸も管理する。
酸欠になろうと抵抗は許されない事を体に教え込んでいるので奴隷は動く事ができない。
女の柔肌など、その歯で噛み切ってしまえば済む話だというのに
奴隷はそれを選ぶ事が出来ない。
体に、脳に刻み込まれているからだ。
命すら、管理されている事を。




IMG_3390



目隠しの布を外し直に見下ろされている様を見せつけては全身をヒールで踏み付け痕を残す。
舌で靴に奉仕しろと命じては柔らかい頬の内側にぐりぐりと挿し入れた。

然し如何せん奴隷の口の動きが鈍いので、よくよく思い返すと当初の目的を思い出した。
そうだ、餌を与えないと。
喉も枯れ、喘ぎ疲れた様相に興奮しつつも餌のやり忘れで死なれては堪らない。
解放して床に座らせ、餌皿を持たせてはそこへお粥を更に咀嚼して唾液を絡めた物を吐き捨てていく。



IMG_3323



「お前、それをもう少し上に掲げなさい。」

この奴隷は人間のフリをしていた頃の名残が未だに消えない。股間についた惨めなペニスの所為で雄として生きてきたから、無駄なプライドがあるのだろう。私はそれを壊さなければならない。お前は、私の所有物なのだから。

餌皿はあたかも聖杯の様に恭しく掲げられ、そこへ聖水を満たすとこうべを垂れさせ、尊厳を踏み躙り抑えつける。



IMG_3398




「全て、一滴たりとも残さず食べなさい。」





FullSizeRender



靴底で虐げられる奴隷は呼吸さえ自由にさせては貰えず、拒む事も許されない。
下品な音を立てて餌を啜る奴隷の頭を踏み付け、家畜以下の振る舞いを嘲る。
完食しきると合図を、と命じた通りに鳴いたので皿をチェックすると床に大量に餌が撒き散らされていたので床を舐めて綺麗にするよう叱りつけた。
奴隷は惨めに床を舐める。そしてとうとう情けない一言を漏らした。

「イかせて下さい……」

私は奴隷が射精するのは別に構わない。粗末な陰茎を責め立て遊ぶ事も嫌いではないからだ。ただ、この奴隷をより惨めにしてやるのに私が触れるよりも良い方法が思い付いたので、こう命じた。

「良いわよ、自分でシゴきなさい。オナニーするの。そしてその皿に射精したら自分で始末なさい。」

奴隷の陰茎は下着から既にはみ出しており、だらしなく涎が垂れ落ちている。
命令を解せば奴隷の行動は早かった。すぐさま性器に手を伸ばし、浅ましく自慰に耽る。覚えたての猿のように息も荒く必死に手を動かせば、奴隷は呆気なく射精した。
皿へ搾り出された精液が糸を引く様に込み上げる笑いが止まらない。





IMG_3402



奴隷は少し躊躇する様子を見せたが、えずきながらも何とか皿を舐め上げ飲精した。



IMG_3404





動画はたっぷり撮った。辱め、貶めて、その感想で更に奴隷を人以下の存在だと知らしめてやろう。
私の前ではもう、お前は人のフリなんてしなくていいのだから。








と、部屋の扉に軽い設定の説明が書かれていたのでそれを基にプレイしてみたのだけれど、その意向を汲めていたかしら?私なりに楽しんで遊ばせて貰ったけれど、脳内でこういったロールプレイングをしていました。
動画の編集が思ったより時間が掛かりそうなのでまだ出来ていないのですが、約束通りブログは書き上げたよ!普段通りのブログの方が良かった……?笑
人犬バーの事や昔のプレイ、SMについて少しだけれどお話が聞けて楽しかったです^_^
Mちゃん、ありがとうね!










アンナイメージ動画
https://www.cityheaven.net/osaka/A2702/A270202/fetishi_sm/girlid-17500190/movie/?of=y

 

アンナ・フェティシズム出勤スケジュール(HP)
http://fetishi-sm.com/profile.php?id=90

アンナ・フェティシズム出勤スケジュール(スマホ)
http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=90

アンナ専用衣装(専用ボンテージ)

アンナ専用所有道具
http://annaism.officialblog.jp/archives/cat_83998.html
 
ショートブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
大阪 SMクラブ Fetishi-SM

このページのトップヘ